スパイシーなのが苦手な女性でもウイスキーが飲める

ウイスキーが好きだという女性はあまり見かけません(俺だけかもしれませんが……)。女性の場合はウイスキーというよりは、甘いカクテルなどのお酒を好む人も多いでしょう。

特にウイスキーのような度数が高いお酒は、辛口で飲みづらいというイメージを持っているかもしれません。

しかし、辛口のお酒が苦手な女性でも必ず好きになれるといってもいいウイスキーも存在します。ウイスキーの中には、樽の中で熟成されることで甘みが広がるウイスキーも存在するんです!

今回は女性におすすめの甘いウイスキーを紹介します。

甘いウイスキー5選

今回紹介する甘いウイスキーは、

  • アベラワー・アブーナ
  • エズラ・ブルックス・ブラック
  • メーカーズマーク
  • 山崎12年
  • サントリー角瓶

です。それぞれどういったウイスキーなのか、見ていきましょう。

アベラワー・アブーナ

アベラワー・アブーナはスコットランドのウイスキーです。

ウイスキーの本場といわれているスコットランドのウイスキーというだけあって、味は保証できるものです。

アルコール度数は60とウイスキーの中でも高い方ですが、シェリーのほのかな甘みを感じることができます。その他にもドライフルーツやオレンジといった甘みも感じられるので、女性にはおすすめのウイスキーなんです。

エズラ・ブルックス・ブラック

エズラ・ブルックス・ブラックは、アメリカで作られたウイスキーです。

この蒸留所は「ケンタッキー州でもっとも優れた小さな蒸留所」とたたえられたこともあり、ウイスキーの名門として知られています。

当時はジャックダニエルというウイスキーの対抗馬として売られていたこともあります。

アルコール度数は45度とウイスキーの中では低めですが、それでもチューハイなどと比べると高い数値です。

飲み始めは辛く感じるかもしれませんが、後からくるほんのりとした甘さがなんとも言えません。ウイスキーの名門が作ったウイスキーを、ぜひ飲んでみてください。

メーカーズマーク

https://cheerfull.jp/articles/75

メーカーズマークはアメリカのウイスキー。

バーボンに分類されますが、普通のバーボンとは違ってライ麦ではなく小麦を使っているのが特徴です。

メーカーズマークは手造りでウイスキーを製造するということにこだわっています。極力機械に頼らずに作られているこのウイスキーは、まさに職人たちの気持ちがこもっているといってもいいでしょう。

香りは、女性にも好まれやすいバニラや柑橘類など。口当たりもまろやかとなっているので、総じて飲みやすいウイスキーです。

山崎12年

日本のウイスキーの中でも高い人気を誇る山崎の12年ものです。

華やかで甘い香りがするのが特徴で、日本産のウイスキーで上等なものが欲しいといわれたら、まずこれをおすすめします。

なめらかな口触りで飲みやすいウイスキーですので、ぜひ一度は飲んでほしいウイスキーの一つです。

飲み方でおすすめするのはソーダ割りかストレートです。ソーダ割りで飲むことで、山崎が持つ根強い力とソーダの風味を同時に味わうことができます。

ストレートで飲めば、山崎本来の素晴らしさを十分に感じられるので、どちらもおすすめの飲み方なんです!

サントリー角瓶

サントリー角瓶は、名前の通りサントリーが販売しているウイスキーです。

サントリー角瓶には、日本が誇るウイスキーである山崎や白州といったウイスキーの原酒が使われています。これらの原酒を使ったウイスキーと聞くと、何とも贅沢な気分になりますね。

低価格で飲みやすさもあって、女性だけではなくウイスキーをあまり飲んだことがないという初心者の人にもおすすめできる一品です。甘いウイスキーとはどんなものなのかを知りたい時にうってつけのウイスキーと言えるでしょう。

初めて飲む場合はウイスキーの良さを知ってもらうという意味でもストレートで飲んでほしいものですが、一般的なチューハイなどと比べるとアルコール度数は高めなので、辛いと思ったら割って飲むといいでしょう。より甘くしてみるのもいいかもしれませんね。