「ウイスキーの買取をお願いしたいけど、でもどこの業者に依頼したらいいのか、わからない…。」そう感じている人も多いと思います。

そこで今回は、業者を選ぶ際のポイントと、俺が過去に利用した業者の中でおすすめの買い取り業者を3つご紹介します!

買取業者を選ぶ基準

買い取り業者を選ぶ基準としては、以下の4つの点に注目してみましょう。

  • バイヤーがお酒に詳しいか
  • 買取の実績の数が多いか
  • ホームページがわかりやすいか
  • 買取方法がわかりやすいか

それぞれどういった理由なのか、簡単に説明します!

バイヤーがお酒に詳しいか

バイヤーは、お酒の買取を担当します。

買取を担当する人がお酒に詳しくないと、当然、正確な値をつけることができません。本当は価値が高いお酒なのに、バイヤーに知識がなかったために格安の値段で買取になってしまったら、損ですよね?だからバイヤーはお酒に詳しい必要があるんです。

もちろんウイスキーだけじゃなくて、ワインやビール、日本酒など幅広いお酒に詳しいバイヤーが好ましいですね。

買取の実績の数が多いか

買取実績の多さも重要です。

買取実績が多いということは、それだけ利用者が多いということ。

「多くの人が利用している=それだけ優良な業者である」ので、なるべく多くの買取実績のある業者に依頼をするのが安心です。

ホームページがわかりやすいか

ホームページのわかりやすさも大切です。

業者に買取を依頼するときに、ホームページがごちゃごちゃしていてどこから買取の申し込みをすればいいのかわからないようでは、それだけで買取する気が失せてしまいます。

ホームページが見やすい業者はどこに何があるのかがわかりやすいので、利用者も多いのが特徴なんです。

買取方法がわかりやすいか

買取方法のわかりやすさにも注目したいですね。

特に初めて買取をする人にとっては、右も左もわからない状態です。そんな状態でいきなり複雑な買取方法しかできない業者だと、ハードルが高くなって「もう買取しなくていいや…」、なんて思考になってしまいます。

シンプルな買取方法を採用している業者は、あくまでも利用者の目線にたっているということがわかるので、おすすめなんです。

おすすめの買取業者

実は俺も過去に業者を利用したことがあります。奥さんにウイスキーにハマりすぎだと怒られたため、泣く泣く売りに出すことになったんですが……。

そのときに利用した買い取り業者の中で、特におすすめだと思った3つを、今回は紹介します!

お酒のプロフェッショナル”ファイブニーズ”

ファイブニーズはお酒買取専門の業者です。

お酒買取の専門業者というだけあって、お酒に関する知識は相当なもの。もちろんウイスキーに関しても例外ではありません。

買取可能なお酒の種類は、ウイスキーをはじめとしてワインやブランデー、焼酎や日本酒など幅広く取り扱っています。それら全てのお酒について高い専門知識を持っているので、買取の時も安心して行えます。

ウイスキー一つ見ても、スコッチウイスキーやアメリカンウイスキー、さらにはジャパニーズウイスキーと様々な種類を買取してもらえます。

出張買取や宅配買取を受け付けており、全国どこでも買取が可能なのも高ポイント。買い取り業者で悩んだら、まずはファイブニーズを利用してみてください!

高値で買取されるウイスキーはこちらで確認できます!

スピード買取なら”バイセル”

とにかく早く買い取ってほしいならバイセルがおすすめです。

スピード買取を謳っており、その買取スピードは業界一といっても過言じゃありません!

価格満足度、顧客満足度などで第一位を記録していて、まさに利用者からも高い評価を得ている業者です。無料査定がわずか20秒ほどでできてしまうのもありがたいですね。

さらに査定金額が他店よりも1円でも安かった場合は、すぐにでも商品を全品返却してくれます。複数の業者に出していて、あっちの方が高かったな、と思った場合は返却してもらえるんです。

これほどまでにサービスが充実しているからこそ、評価が高いんですね。

店舗に持ち込みなら”ジョイラボ”

ジョイラボは、お酒の買取の業界最高価格を保証しています。それでいて利用者の負担はゼロとなっているので、誰でも安心して利用できる業者なんです。

ウイスキーの買取実績も豊富で、これまでに様々な種類のウイスキーの買取を行ってきました。きっと皆さんの家にあるウイスキーも、納得のいく金額で買い取ってもらえることでしょう。

日本全国出張可能で、かつ無料なので、全国どこに住んでいてもジョイラボを利用できます。ふと買取をしたくなったときは、ジョイラボを利用してみましょう。