俺には奥さんがいて、毎日仲良く暮らしている日々です。今でこそ仲の良い夫婦になれましたが、昔は酒が原因で離婚の危機に陥ったこともありました…。

今回は昔の俺たち夫婦に何があったのか、そしてどうやって今は仲良くなったのかをお話します。

そもそもなぜ離婚の危機になったのか

そもそもなぜ俺たち夫婦が離婚の危機になったのか、まずはその原因から紹介します。

俺は昔からウイスキーが大好きでした。ウイスキーが好きすぎるせいか、毎日ウイスキーを買っては呑んだくれる日々を過ごしていました。

そんな姿を見たら、いくら温厚な人でも愛想をつかしてしまうのは当然ですよね。俺の奥さんも例にもれず、そんな俺に愛想をつかしたためか、別れを切り出されます。

そこで初めて、俺は奥さんをないがしろにしてウイスキーばかりに熱中していたことに気が付きました。日々のコミュニケーションが不足していましたし、奥さんに呆れられていたことがわかっていなかったんです。気づくのが遅かったんですが、まだ間に合う段階でした。

それから俺は、泣く泣くこれまでに貯めてきたウイスキーのコレクションたちを買取してもらうことを決意。正直全部飲みたかったという思いもありましたが、奥さんと引き換えにすることはできませんでした。

全てのコレクションを買取に出して、そのお金を元手に奥さんにやり直そうと切り出し……そして無事やり直すことに成功しました。

こんな経験があったため、今では俺は奥さんを第一にするようになりました。ウイスキーももちろん今でも好きですが、バーでたしなむ程度にしています。

皆さんも自分の趣味に熱中するのはいいですが、熱中しすぎて奥さんをないがしろにしないように気をつけてくださいね。

これが俺の夫婦円満の秘訣だ

そんな出来事があった後は、とにかく俺は奥さんを大切にするようになりました。どういうふうに大切にしているのか、その秘訣を教えます!

朝晩のキスとハグ

まずは朝晩のキスとハグをしています。

文章で書くのは少し恥ずかしいですが、こういったスキンシップは非常に大事なんです。

キスやハグは愛情がなければできませんよね。普段から奥さんを愛しているということを行動をもって伝えると、夫婦の関係も円満になっていくことでしょう。

会話する時間を作る

会話をする時間を作るのも大切です。

夫婦生活に慣れてくると、会話もろくにしなくなってしまいます。毎日奥さんがいることが当たり前になってしまい、いつの間にか会話をする回数が減っていたりしませんか?

会話をしなくなると、自分が見ていないときの奥さんが普段何をして過ごしているのかも知ることができなくなります。

また、奥さんが抱えている悩みなんかにも気づかなくなりますし、とにかく奥さんに関することに対して無知になるんです。

お互いの理解ができていないから、些細なことで喧嘩もしてしまいますし、どんどん仲が悪くなってきてしまいます。

だから会話する時間を作って、お互いのことを改めて知ったり、コミュニケーションをすることが大切なんです!

挨拶・ありがとう・ごめんなさいをきちんと言葉にして伝える

毎日の挨拶もきちんと言葉にして伝えましょう。

何かしてもらったら「ありがとう」と言ったり、ちょっと悪いことをしたら「ごめんなさい」と素直に謝れることが大切です。

変に恥ずかしがってこれらの言葉を言わないでいると、奥さんは愛想をつかされたのかな、と勘違いしてしまうこともあります。

一緒に生活するのが当たり前になり、「やってもらって当然」というような考えではいけません。

挨拶も毎日しっかりと返すことで、夫婦の仲も良くなってくるんです。

時にはおもいっきり二人でふざける

時には夫婦二人で思いっきりふざけることも大切です。

二人でふざけることで、楽しい時間を共有することができます。人生は楽しまなきゃ損なので、ふざけられるところは思いっきりふざけてしまいましょう!

喜怒哀楽を分かち合う

喜怒哀楽を分かち合うことも重要です。

奥さんが悲しんでいるときは一緒に悲しんだり、逆に嬉しそうにしているときは一緒に嬉しくなったりと、喜怒哀楽を分かち合うようにするんです。

喜怒哀楽を分かち合うことで、奥さんがどういう気持ちでいるのかを知ることができます。これから長い時間一緒の時を過ごすパートナーとして、嬉しいことも悲しいことも分かち合いましょう!