ウイスキーは5種類に分類される

ウイスキーは、大きく分けて下記の5種類に分類されています。

  • モルトウイスキー
  • ブレンデッドウイスキー
  • グレーンウイスキー
  • ライウイスキー
  • コーンウイスキー

それぞれどういったウイスキーなのか、見ていきましょう!

1. モルトウイスキー

モルトウイスキーとは、大麦麦芽の実を使用したウイスキーのこと。麦芽=モルトなので、覚えておきましょう。

ウイスキーでよく言われるシングルモルトというのは、一つの蒸留所で作られたモルトウイスキーのことを言います。ただアメリカでは大麦の実を原料として使用したウイスキーのことをシングルモルトと呼んでいるようです。

シングルモルトは一つの蒸留所で作られるため、その蒸留所がある土地の雰囲気を感じ取ることができます。つまりシングルモルトのウイスキーを飲むことで、そのウイスキーが作られた土地がどういったところなのかを実感することができるんです。

そのため個性が出やすいウイスキーともいわれています。それぞれの銘柄によって全く異なる味わいと風味を感じることができるモルトウイスキーは、ウイスキーを語る上で欠かせない存在です。

2. ブレンデッド・ウイスキー

ブレンデッド・ウイスキーというのは、モルトウイスキーとこの後紹介するグレーンウイスキーを組み合わせた(ブレンドした)ウイスキーのことを言います。

モルトウイスキーは銘柄によって個性が出てくるものなので、複数のモルトウイスキーたちを組み合わせることで、新しい味が作り出せるんですが、それにグレーンウイスキーを混ぜることによって、さらに味を調えることができるんです。

ブレンデッド・ウイスキーは複数のウイスキーたちをブレンドしてできる共作のようなものなんですね!

モルトウイスキーを飲んで「ちょっと合わないな」と思ったら、ブレンデッド・ウイスキーを飲んでみましょう!

3. グレーンウイスキー

グレーンウイスキーとは、トウモロコシや小麦といった穀物を原料として作られるウイスキーのこと。

モルトウイスキーは麦芽のみを原料としていたのに対し、グレーンウイスキーの原料は穀物です。

どう変わっていくのかというと、当然味わいが違ってきます。モルトウイスキーと比べると飲みやすさに優れているため、ウイスキーがあまり好きではないという人にもぜひ飲んでほしいですね。

しかし、その分香りに関してはモルトウイスキーの方に分があります。そのためグレーンウイスキーはブレンデッド・ウイスキーとして飲まれることが多いんです。

しかし、熟成されたグレーンウイスキーもモルトウイスキーに劣らない素晴らしい出来栄えになっているため、一概にどっちの方がいいとは言えません。好みによって分かれると思います。

4. ライ・ウイスキー

ライ・ウイスキーとは、名前の通りライ麦を原料として作られているウイスキーです。

モルトウイスキーと違ってライ麦のみを原料としているわけではありません。ライ・ウイスキーの基準としてはライ麦を51%以上使っていることなので、それさえクリアすれば他の原料を使っても大丈夫なんです。とはいえ、基本的に使われているのはトウモロコシや麦芽などです。

ライ・ウイスキーはアメリカで作られているウイスキーなんですが、カナダで作られているウイスキーのことをライ・ウイスキーと呼ぶこともあります。これはカナダのウイスキーがライ麦を使って作られていることからそう呼ばれているみたいですが、本場のライ・ウイスキーと比べるとライ麦の比率が違うため、厳密にはカナダのウイスキーはライ・ウイスキーとは言えないんです。

一応、カナダでは100%ライ麦で作られたウイスキーも販売されているようですが、その数はあまり多くありません。でもいずれはそれも飲んでみたいですね。

5. コーン・ウイスキー

コーン・ウイスキーは、名前からもわかるとおりトウモロコシを原料として作られているウイスキーです。

トウモロコシを原料としてるウイスキーはたくさんあります。さっきも紹介したグレーン・ウイスキーやライ・ウイスキーにもトウモロコシは使われているし、有名なバーボンはトウモロコシの比率が高いことでも知られています。

しかし、それらのウイスキーはコーン・ウイスキーという文類には入りません。

コーン・ウイスキーはトウモロコシの比率が80%以上のものを指すんです。80%というと、ほとんどトウモロコシのようなものですね。

他のウイスキーと異なるのは、熟成をさせる必要がないということ。そのため液体は無色透明の状態で出荷されます。もちろん熟成させても大丈夫なんですが、その期間は短く半年ほどとのことです。