家に余っているウイスキーがあったら買い取ってもらえばいい、と考えているかもしれませんが、ウイスキーの中でも買取ができないものもあります。

どういったウイスキーが買取できないのか、その種類を紹介します。

開封されていたら買取できない

基本的に開封されていたら買取はできません。

ここでいう開封とは、飲んでいる・いないにかかわらず、栓を開けている状態のことをいます。つまり飲んでいなくても、栓を開けているだけで買取ができなくなってしまうんです。

もし飲んでいないウイスキーが自宅にあっても、それが開封されていると買い取ってもらうことはできないので注意しましょう。

例外として、非常に希少性の高いボトルのウイスキーであったら開封されていても買い取ってもらえる場合があります。しかしその場合も未開封時よりは買取金額が下がるケースがほとんどです。ものによっては大幅に下がることも考えられます。

いずれにしろ、ウイスキーを買取に出す場合は、開封はしないようにしましょう。

保存状態が良くなかったり相場価格が安いと買取できない

保存状態が良くないウイスキーの場合も、買取ができないケースがあります。

一度ネットで査定をしてもらって、「これは買取可能です」と言われても、実際に業者に送ったら「保存状態が悪かったので、買取はできません」と断られてしまう場合もあります。ネット越しに映像を見ただけではわからないところもあるので、これは仕方のないことなんですが…。

これを防ぐためには、買い取ってもらう予定のウイスキーの保存をしっかりしておくことが大事です。ウイスキーは生物と同じように扱い、温度や湿度が高いところには保存しないようにしましょう。品質が変化してしまう可能性があるからです。

また、相場価格が安いものも買取ができないことがあります。ウイスキーの買取は希少性の高いものが買い取ってもらえることが多いのです。相場価格が安いということは、希少性もそこまで高くないということになりますので、その場合は買い取ってもらえないことがあります。

ラベルに個人名が入ってるのも買取ができない

ラベルに個人名が入っているものも、買取ができません。

個人名は貴重な個人情報です。個人情報が記載されていると、個人情報保護の理由で買取が行えないのです。

個人名でなくとも、個人情報が記載されていれば基本的には買取は出来ません。

しかし、例外的にですが企業名が入っているものは買取ができる場合もあります。たとえば「創業○周年」や「上場記念」などが入っているものに関しては買取が可能になることも。

業者によっても異なるため、査定に出す際はあらかじめ問い合わせてみてください。

こんな例外もある!

他にも例外があります。

たとえば、買取業者の中にはウイスキーの空き瓶を買い取ってくれるところも存在します。たかが空き瓶と思うかもしれませんが、希少性の高い空き瓶は特別な空き瓶として買取金額がつくようになっているんです!

もちろんどんな空き瓶でも買い取ってくれるわけではないですが、もし自宅に希少性の高い空き瓶を持っているならば、買取に出してみると買い取ってくれるかもしれません。

自分が持っている空き瓶がそれに当てはまるか分からない場合は、一度相談してみると良いでしょう。